私たちについて

昭和28年創業の木村七蔵商店。初代の木村七蔵は昆布漁だけでなく加工にも力を入れ、
日高みついし昆布の商品化に取り組んでいました。
昆布そのものを出荷するのがメインの中、日高みついし昆布を商品として仕上げ
販売したのは三石地区では初代の木村七蔵が初めて手掛けたとのこと。

自身が開発した新商品を自らの足で広めていった初代のポリシーは「日高みついし昆布に価値を」。

その意志を受け継ぎ、初代のひ孫にあたる四代目の木村真依子が新ブランドとして立ち上げたのが「ナナクラ昆布」です。

後世につないでいきたい、日高みついし昆布の新しい価値をつくりたい、その想いでスタートした木村七蔵商店の新ブランドです。

木村七蔵商店は創業から65年余、地元の日高みついし昆布のおいしさをより多くのみなさまに
知っていただけるよう、日高みついし昆布と向き合う日々です。